LAUNCH 故障診断機 obd2 自動車 診断機 X431 お得 PROS V4.0 ECUコーディング 全車システム診断 キープログラム アクティブテスト TPMS 日本語 31リセット機能 10000以上車種対応 国産車 外車 2年無料アップデート 53449円 LAUNCH 故障診断機 obd2 自動車 診断機 X431 PROS V4.0 ECUコーディング 全車システム診断 31リセット機能 アクティブテスト キープログラム TPMS 日本語 国産車 外車 10000以上車種対応 2年無料アップデート 車&バイク カーパーツ 電子パーツ LAUNCH 故障診断機 obd2 自動車 診断機 X431 お得 PROS V4.0 ECUコーディング 全車システム診断 キープログラム アクティブテスト TPMS 日本語 31リセット機能 10000以上車種対応 国産車 外車 2年無料アップデート 53449円 LAUNCH 故障診断機 obd2 自動車 診断機 X431 PROS V4.0 ECUコーディング 全車システム診断 31リセット機能 アクティブテスト キープログラム TPMS 日本語 国産車 外車 10000以上車種対応 2年無料アップデート 車&バイク カーパーツ 電子パーツ アクティブテスト,PROS,ECUコーディング,10000以上車種対応,車&バイク , カーパーツ , 電子パーツ,全車システム診断,asasyoku.jp,診断機,obd2,V4.0,外車,TPMS,故障診断機,キープログラム,自動車,31リセット機能,2年無料アップデート,国産車,X431,日本語,LAUNCH,/fistful1325936.html,53449円 アクティブテスト,PROS,ECUコーディング,10000以上車種対応,車&バイク , カーパーツ , 電子パーツ,全車システム診断,asasyoku.jp,診断機,obd2,V4.0,外車,TPMS,故障診断機,キープログラム,自動車,31リセット機能,2年無料アップデート,国産車,X431,日本語,LAUNCH,/fistful1325936.html,53449円

LAUNCH 故障診断機 obd2 自動車 診断機 X431 お得 PROS V4.0 注文後の変更キャンセル返品 ECUコーディング 全車システム診断 キープログラム アクティブテスト TPMS 日本語 31リセット機能 10000以上車種対応 国産車 外車 2年無料アップデート

LAUNCH 故障診断機 obd2 自動車 診断機 X431 PROS V4.0 ECUコーディング 全車システム診断 31リセット機能 アクティブテスト キープログラム TPMS 日本語 国産車 外車 10000以上車種対応 2年無料アップデート

53449円

LAUNCH 故障診断機 obd2 自動車 診断機 X431 PROS V4.0 ECUコーディング 全車システム診断 31リセット機能 アクティブテスト キープログラム TPMS 日本語 国産車 外車 10000以上車種対応 2年無料アップデート


商品の説明

LAUNCH X431 PROS V4.0 obd2 自動車 故障診断機

故障診断機 Launch obd2 診断機 外部診断機 スキャンツール 自動車診断機 車 診断機

長年自動車診断に集中していた LAUNCH 診断スキャナーは、その並外れた機能で99%のニーズを満たします

LAUNCH X431 PROS V4.0 スキャンツールはプロの診断ツールであり、従来の製品と新しく開発された機能を統合し、診断技術者、ディーラー、整備士などにとって最適な選択肢です。LAUNCHX431を選択する主な理由は次のようです。

  1. 2021年の最新で汎用性の優れた多機能の自動車用スキャナー。31以上のリセット機能、パーソナライズ、オンラインキャリブレーション、ECUコーディング、オンラインコーディング、双方向制御機能。
  2. BMWの改造、カスタマイズ、ベンツによるバリアントコーディング、コンポーネントマッチング、オンラインアカウントログインサービス、パワーバランス、オンラインパラメータ化、プログラム可能なモジュールのインストールなど、より多くの車両向けに設計された高度な機能。
  3. OEレベルのすべてのシステム診断は、ECU情報をすばやく読み取り、問題を特定します。双方向制御は、相互通信によって車の問題を特定します。
  4. ECU機能は、隠された機能をフラッシュし、OE設定をカスタマイズできます。
  5. テクノロジーとモデルの変更に対応できるタイムリーなソフトウェアアップグレード。
  6. 診断ニーズの98%を満たすための世界的なカバレッジと24の言語。乗用車、SUV、ピックアップなどに使用できます。
  7. Android 9.0システム、容量5000mAh、Wi-Fi、Bluetooth接続、ROM:32GB + 128GB(拡張可能)、8インチ画面、1280 * 800
  8. 他の拡張モジュール(ビデオスコープ、X-PROG3、WiFiプリンター、TSGUN、BST360、X-431ADASモバイル/ PRO)と連携します。
  9. 車両を即座に識別するためのスマートAutoVIN。
  10. OBD-ⅠおよびOBD-Ⅱ車両診断をサポートします。
  11. さらに分析および印刷するためのヘルスレポート。
  12. 診断履歴は、再診断を容易にするために診断データを記録できます。
  13. グラフのデータストリームは、顧客が問題を分析するのに明らかに役立ちます。
診断機 X431 PROS V4.0 ECUコーディング 全車システム診断 31リセット機能 アクティブテスト キープログラム TPMS 日本語 国産車 外車

PROSV診断ツールは31以上のリセット機能をサポートします。

オイルリセット:オイルライフシステムをリセットし、オイルまたはオイルフィルターを交換した後、オイルライトをオフにして新しいサイクルを開始します。

TPMSリセット:車両のECUからタイヤセンサーIDをすばやく検索し、TPMS交換とセンサーテストを実行します。

EPBリセット:ブレーキ制御システムの非アクティブ化とアクティブ化、ディスクまたはパッドの交換後にブレーキを設定するなどして、電子ブレーキシステムを安全かつ効果的に維持します。

BMSサービス:バッテリーをより正確に検出するために制御モジュールとモーターセンサーを再照合し、元のバッテリー情報をクリアし、関連する制御モジュールが誤った情報を検出するのを防ぎます。

IMMOキー:紛失した車両キーを無効にし、新しい交換用キーフォブをプログラムします。

ABSブリーディング:ブレーキシステムの空気を抜いて、ABSブレーキの感度を回復します。

SASキャリブレーションリセット:ステアリング角度位置センサーやステアリングシステムの機械部品などを交換した後、ステアリング角度をキャリブレーションします。現在のステアリングホイール位置を直進位置としてステアリング角度センサーに保存し、障害メモリをクリアします。

DPF再生:DPF洗浄操作と呼ばれる再生手順を実行して、連続燃焼酸化モードでDPFフィルターから粒子状物質を除去し、フィルターの性能を安定させます。

インジェクターコーディング:各シリンダーの燃料噴射量をより正確に修正するために、交換または調整後にインジェクターをコーディングします。

サスペンション:エアサスペンションシステムの車高センサーまたはコントロールモジュールを交換するときは、レベルキャリブレーションのために車高センサーを調整します。

スロットル、WIN DR ROOF、シート、走行距離計、ラングチェンジ、ヘッドランプ、CHGタイヤサイズ、TECラーン、トランスアダプテーションなど。

LAUNCHスキャナーは車の診断をもっと簡単にしました。

故障診断機 オイルリセット EPBリセット BMSリセット SASリセット ABSエア抜き DPF再生 ベンツ BMW

アクティブテスト:アクティブテスト機能は、車両のサブシステムおよびコンポーネントとの相互通信を行うために使用されます。技術者は、問題を検出する部品に車を分解する必要がないため、トラブルを最小限に抑え、時間を節約できます。アクティブテストは、ヘッドランプ、ワイパー、窓とドア、およびラジエーターファンのオン、窓の開閉、ミラーの操作、インジェクターのバズテストなどのサンルーフで使用できます。

キープログラミング:紛失したキーの情報を消去し、キーを再学習し、キーフォブ/リモートプログラミングを実行して家族に新しいキーを追加し、キーボタンテストを実行してキー機能をチェックし、車が盗まれるのを防ぎます。

すべてのシステム診断:このPROS Vスキャナーは、使用可能なすべてのシステムをすばやくスキャンし、診断プロセスを実行します。

DTCを読み取り/消去して、問題を特定し、トラブルコードをクリアします。

ライブデータを表示して、車両のリアルタイムの走行状態に反応し、潜在的な問題を浮き彫りにします。

ユニットタイプ、バージョン番号、その他の仕様などのECU情報を取得します。

LAUNCHスキャナーは、エンジン、ABS、SRS、トランスミッション、TPMS、ボディ、ネットワーク、ステアリング、EPB、シャーシシステムなどで動作し、ボンネットの下に隠された問題を根絶します。双方向PROSVは、診断時間を節約し、作業効率を向上させることができます。

ワンクリックのWIFI更新:X431 PROS VはWiFiに接続して、ソフトウェアの新しいバージョンを取得し、データを更新し、バグを修正して診断スキャナーのパフォーマンスを向上させ、車の診断に高品質で効率的なサービスを提供します。

Smart AUTO VIN:PROS Vスキャンツールは、CAN対応の車両をワンタッチで識別し、車両のメーカー、モデル、年式、およびその他の情報を取得します。この自動VINテクノロジーは、識別番号を手動で入力するなどの面倒な手順を排除し、効率とユーザーエクスペリエンスを大幅に向上させます。

ヘルスレポートの生成と共有:LAUNCH X431 V +を使用すると、ワンクリックで完全なシステム診断レポートを生成できます。レポートは、オフィスに電子メールで送信することも、顧客に直接電子メールで送信することもできます。車両健康成績表を印刷することもできます。

レポートの印刷とアップロード:この診断ツールは、診断作業が正常に終了したときに診断レポートを自動的に生成できます。生成された診断レポートは保存され、電子メールボックスに送信されます。支援を求めたり、履歴障害情報を記録したりするために、診断レポートを印刷することができます。 Wi-Fi接続を使用すると、診断レポートをアップロードして、車両の修理に精通している人や同じ問題に直面している人との解決策を見つけることもできます。

2021年新規追加された高度なOE-LEVEL機能

故障診断機 Launch obd2 診断機 外部診断機 スキャンツール 自動車診断機 車 診断機 オイルリセット ABS

ECUコーディング:フォルクスワーゲン、BMW、シート、ポルシェ、ルノーなどと互換性があります。

●修理または交換後、特定のコンポーネントの適応データを再プログラムします。●隠された機能(自動スタートストップ、リバースチルトミラー、折りたたみ式ミラー、室内灯のカスタマイズなど)をフラッシュします。●OE設定をカスタマイズします(アラームの設定、ドアのロックなど)。

車両性能を向上させます(電力損失、燃料効率などのソリューションを提供します)。

オンラインECUコーディング:フォルクスワーゲン、BMW、シート、ポルシェなどと互換性があります。

●サーバーからオンラインデータを取得し、ECUを手動で照合する必要はありません。●車の問題を解決するために、インターネットを介して車をすばやく簡単にコーディングします。●オンボードモジュールを交換した後、車両の機能状態を復元します。

ECUモジュールの交換:ホンダ、日産、トヨタ、ヒュンダイ、起亜などのアジア車と互換性があります。

●車のシステムに新しいECUモジュールの交換を導入し、車をスムーズに走行させます。

主に含むオンライン修理リソース:

BMWブレーキ警告灯のリセットなど、一部のモデルの一般的な障害を解決するために診断ツールを使用する方法を主に紹介する操作スキル。

一部の障害コードのトラブルシューティング方法を紹介するDTCヘルプ。たとえば、Chrysler300CのU0196障害コードを削除する方法。

自動車技術ハンドブック、一部のモデルの特定のモジュールの回路図、コンポーネントの紹介、バンパーと機器の仕様を説明する2009 GMエンクレーブボディのメンテナンス情報などのファスナーの締め付け仕様、および各コンポーネントの力の締め付け仕様。

修理ケース、一部の車種の修理ケース。 1600を超える車両モデルのサービスおよび修理情報、ハンドブック、修理ケース、および操作スキルなど

ほかのサービス:リモート診断は、ユーザーに技術サポートを提供するために設計された、信頼性が高く安全なリモートコントロールユニットを提供します。

診断フィードバックを使用すると、すぐに修正できない問題を送信できます。 LAUNCHは専門家のサポートを得て、可能な限り迅速に最良のソリューションを提供するために多大な努力を払います。

オンラインデータベースには、検索と参照を容易にするための豊富な修理ケースと自動車技術ハンドブックが満載です。

診断機 日本語 国産車 外車 X431 PROS V4.0 ECUコーディング 全車システム診断 31リセット機能 アクティブテスト キープログラム TPMS

セットで利用できる拡張モジュール

ビデオスコープ:見えない部分をチェックして、エンジン、ギア、コンプレッサー、ヒーターとバルブ、およびボディコンポーネントの直接画像を提供します。

X431 PRO G3:キーの追加、削除、および再プログラム。 スマートキーを書き直します。 キーECUを交換してください。

TSGUN:TPMSセンサーをアクティブにして再学習します。 LAUNCHTPMSセンサーをプログラムします。

WiFiプリンター:診断データまたはレポートを印刷して、さらに分析およびレビューします。

BST360:車載バッテリーのSOH、放電容量と起動容量の機能などをチェックします。カーバッテリーの検査とメンテナンスのための信頼できる分析基盤を提供します。

X-431 ADAS Mobile / PRO:車両カメラ、LKAシステム、ACCシステム、LDWシステム、およびAVMシステムに対してADASキャリブレーションを操作します。

注:必要に応じて、これらの拡張モジュールを追加購入できます。

✔️LAUNCHX431PROSV 4.0スキャンツールを使っては、工場の作業効率を大幅に上げます。使いやすいツールは価値のある投資でございます。

構成:ハイエンド構成により、診断プロセスがスムーズになり、問題を数秒で見つけることができます。

ハードウェア:Android 9.0システム、5000mAh容量、Wi-Fi、Bluetooth接続、ROM:32GB + 128GB(拡張可能)、8インチ画面、1280 * 800、フロント2MPリア5MP

アクセサリキット:電源アダプタ、PIN封筒、ユーザーマニュアル、クイックガイド、クリッパーヒューズ、OBD-ⅠアダプタBOX転送ライン

OBD-Ⅰアダプター:ベンツ-38、ダイハツ-4、フィアット-3、日産-14 + 16、双竜-14、鈴木-3、アウディ-4、ベンツ-14、BMW-20、クライスラー-6、大宇-12 、フォード-6 + 1、ジーリー-22、GM / VAZ-12、ホンダ-3、キア-20、マツダ-17、三菱/ヒュンダイ-12 + 16、双竜-20、スバル-9、トヨタ-17、トヨタ -22

診断機 ECUコーディング スキャンツール 日本語 国産車 外車 X431 PROS V4.0  全車システム診断 31リセット機能 アクティブテスト

幅広い車種に対応できます。

LAUNCH PROS Vを使用すると、世界中の自動車の問題の99%を解決できます。このコスパの高いスキャナーは、車両の見えにく問題をすばやく見つけてバグを修正できる非常に多くの便利な診断機能を備えて設計されています。診断技術者、ガレージ、自動車整備士、自動車修理店、自動車エンジニア、自動車修理見習いなどに最適です。車が遠隔地や自宅で故障した場合、LAUNCH PROSVはリモートでも診断できます。

車のカバレッジ:アジア、アメリカ、ヨーロッパの主流の車をカバーします。

車、SUV、ミニバン、12v小型トラックなどの車のソフトウェアを2018/2019/2020/2021に更新します。

アメリカ:Buick / Cadillac / Chevrolet / Chrysler / Dodge / Ford / GMC / Hummer / Jeep / Lincoln / Mercuryと互換性があります

ヨーロッパ:アバルトと互換性があります。アルファロメオ;アウディ;ベントレー;ベンツ; BMW;ブガッティ;シトロエン;ダチア; EU-フォード;フェラーリ;フィアット;ジャガー;ランボルギーニ;ランチア;ランドローバー;マセラティ;マイバッハ;ミニ;オペル;プジョー;ポルシェ;ルノー;ロールスロイス;ローバー;サーブ;シート;シュコダ;頭いい;スプリンター;ボクスホール;ボルボ; VW; (ウクライナ)ZAZ; (ロシア)GAZ; IZH; PAZ; SEAZ; UAZ; VAZ

アジア:アキュラ/デウ/ホンダ/ヒュンダイ/インフィニティ/いすず/起亜/レクサス/マツダ/三菱/日産/サイオン/サンヨン/スバル/スズキ/トヨタ

OBD1およびOBD2の診断:LAUNCH X431 V + PRO 4.0OBD2スキャナーは完全なOBD1およびOBD2プロトコルをサポートします。 必要なコネクタとアクセサリを含む完全なパッケージとして出荷されます。 一部の車両固有のOBD1アダプターも含まれています。

LAUNCH 故障診断機 obd2 自動車 診断機 X431 PROS V4.0 ECUコーディング 全車システム診断 31リセット機能 アクティブテスト キープログラム TPMS 日本語 国産車 外車 10000以上車種対応 2年無料アップデート

I 've been using Launch Scanner 6 years ago. From small to big. Now I Just got the new one LAUNCH X431 V+ (Upgrade Pro). So far very Happy with it.dai
I found the LANCH V431 + Pro to be an exceptional Scan Tool. I had searched and researched a replacement Bi Directional Scan Tool for months before making my purchase. I'm still exploring other POWERS of this tool and plan to put it to my own tests. For the money, you won't find a better tool than this. I like the concept of the TABLET/TOOL , knowing I can use it for other apps, just like any TABLET. Check out all the YOU TUBE reviews and comparisons, you will be amazed and you will feel secure about making this purchase.FYI, I'm an ASE MASTER AUTO TECHNICIAN, I have been in the business since 1980 and certainly know a good TOOL from a bad one.
I spent many hours watching videos and reviews on Scanners prior to buying this Launch x431 V+. I have a Snap On Solus Edge as well. My Snap on tool I have to update twice a year at $500 or $600 a whack. It is expensive and it would cost me another $1000 for it to scan European cars. This Launch x431 v+ is a good tool. Fairly inexpensive to buy and keep updated. I was torn between Autel 906BT and launch. Reviews were similar but 2 factors stuck out to me. Launch has a 5 year Warranty and 2 years of free updates. Autel has a 1 year Warranty and 1 year of free updates. All the reviews I read both performed very comparable. Time will tell how well the Launch holds up and performs. So far I love this tool and leave the Snap On Solus Edge in the tool box and use my Launch. Great product and price.
There are lots of full reviews out there provided by people much more qualified than me, so I will provide just a few thoughts from a pretty technically minded layperson. This is a huge step up from simple code readers, but I try to justify the expense by using it as a general purpose Android tablet also. It is great for watching episodes of Workaholics on Hulu while chopping onions in the kitchen. I am impressed by the extensive capabilities that likely extend well beyond what I will ever need. So far, I have only connected it to a 2002 CR-V and 2004 Titan. I liked that I could purchase $10 keys on Amazon and was able to program the Titan to authorize them as ignition keys with little effort or additional expense beyond having them cut for a couple bucks at the hardware store. Ace sells cut and programmed keys for about $80 each. I find the GUI quite easy to navigate and use, but there are a lot of YouTube videos out there for help when you need it.It comes with a ginormous case and a ton of adapters for various vehicles that I will probably never use, but if I worked at a shop I would be glad I had them. I wish the case was about a third the size, but I just keep the tablet in a cloth sleeve on my coffee table for everyday use, including watching YouTube videos on vehicle diagnostics. There is a ton of free knowledge out there. If you get this or a similar scantool, I would recommend spending lots of time studying, and lots of time hooking it up to vehicles in your free time to get used to the menus and functionality. I am now so into this diagnostic stuff that my next tool purchase will likely be a labscope. That, combined with the Launch scantool in the hands of someone technically minded, will set you far apart from the average brake pad and waterpump changing line mechanic.It costs $300 per year to keep the thing updated, but that is an expense that I expect to rarely, if ever, incur. It comes with two years of free updates, which would cover me through the 2022 model year, and even after that vehicles are far more likely to be serviced by the dealer while under warranty, so it is unlikely that I should ever need capabilities specific to anything short of the year 2026. By that time I expect OBD3 will dominate the scene and current scan tools may be useless on new models anyway. Regardless, there will still be a ton of OBD2 vehicles on the road, and it will still be useful for watching reruns on Hulu. As of now, I would buy it again, especially at the $995 sale price that I took advantage of that convinced me to chose this over the Diagun V.