4108円 シネマ歌舞伎 野田版 桜の森の満開の下 DVD DVD ステージ 演劇 4108円 シネマ歌舞伎 野田版 桜の森の満開の下 DVD DVD ステージ 演劇 DVD,DVD , ステージ , 演劇,asasyoku.jp,シネマ歌舞伎,桜の森の満開の下,/cheerful92750.html,4108円,野田版 シネマ歌舞伎 野田版 店内全品対象 DVD 桜の森の満開の下 DVD,DVD , ステージ , 演劇,asasyoku.jp,シネマ歌舞伎,桜の森の満開の下,/cheerful92750.html,4108円,野田版 シネマ歌舞伎 野田版 店内全品対象 DVD 桜の森の満開の下

シネマ歌舞伎 野田版 店内全品対象 好評 DVD 桜の森の満開の下

シネマ歌舞伎 野田版 桜の森の満開の下 DVD

4108円

シネマ歌舞伎 野田版 桜の森の満開の下 DVD

商品の説明

内容紹介


男が出会ったのは美しく残酷な姫だった――

■歌舞伎として生まれ変わった伝説の舞台がBlu-rayamp;DVDでよみがえる
現代演劇界を代表する奇才 野田秀樹が坂口安吾の小説「桜の森の満開の下」と「夜長姫と耳男」を下敷きに書き下ろした舞台『贋作・桜の森の満開の下』。
劇団 「夢の遊眠社」により初演されて以来、安吾作品のエッセンスを随所に散りばめた壮大な戯曲、妖しく圧倒的に美しい世界感が多くの観客の心を奪い、常に上演を望む声が聞かれる作品。
その伝説の舞台が、野田秀樹自らの作・演出、中村勘九郎、松本幸四郎、中村七之助、中村扇雀、坂東彌十郎ら多彩な出演者により、ついに歌舞伎として新たに生まれ変わった。

【ストーリー】
深い深い桜の森。時は天智天皇が治める時代。ヒダの王家の王の下に、三人のヒダの匠の名人が集められる。その名は、耳男、マナコ、そしてオオアマ。ヒダの王は三人に、娘である夜長姫と早寝姫を守る仏像の彫刻を競い合うことを命じるが、実は三人はそれぞれ素性を隠し、名人の身分を偽っているのだった。
そんな三人に与えられた期限は3年、夜長姫の16歳の正月まで。やがて3年の月日が経ち、三人が仏像を完成させたとき、それぞれの思惑が交錯し...。

■特製ケース(ひびのこづえ デザイン・監修)とポストカード付き ※数量限定仕様
数量限定仕様には、コスチューム・アーティストとして広告、演劇、ダンス、バレエ、映画、テレビなど、多岐にわたり活躍し、また、本作でも衣裳を手がけた、ひびのこづえのデザイン・監修による、特製ケースが付いてくる。
怪しくも美しい世界観をイメージして描かれたデザインを使用。
また、舞台写真を使用したポストカード(3枚)も付属。

■特典内容他
●映像特典
予告

●外装特典(数量限定仕様)
ひびのこづえデザイン・監修特製ケース

●封入特典(数量限定仕様)
ポストカード(3枚)

【スタッフ・キャスト】
坂口安吾作品集より 作・演出 野田秀樹
美術 堀尾幸男、照明 服部基、衣裳 ひびのこづえ、美粧 柘植伊佐夫、音楽・作調 田中傳左衛門、附師 杵屋巳太郎、作曲・効果 原摩利彦、音響 zAk、振付 井手茂太、立師 渥美博

【配役】
耳男:中村勘九郎、オオアマ:松本幸四郎、夜長姫:中村七之助、早寝姫:中村梅枝
ハンニャ:坂東巳之助、アナマロ:坂東新悟、ビッコの女:中村児太郎、左カタメ:中村虎之介
右カタメ:市川弘太郎、エナコ:中村芝のぶ、マネマロ:中村梅花、青名人:中村吉之丞
マナコ:市川猿弥、赤名人:片岡亀蔵、エンマ:坂東彌十郎、ヒダの王:中村扇雀

発売元:松竹 販売元:松竹

商品仕様等は、予告なく変更になる場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

野田秀樹が坂口安吾の小説「桜の森の満開の下」と「夜長姫と耳男」を下敷きに書き下ろした舞台「贋作・桜の森の満開の下」を歌舞伎化。ヒダの匠の名人である耳男、マナコ、オオアマは、3年を掛けて夜長姫と早寝姫を守る仏像の彫刻を完成させるが…。


メーカーより

シネマ歌舞伎 野田版 桜の森の満開の下 Blu-ray シネマ歌舞伎 野田版 桜の森の満開の下 DVD
シネマ歌舞伎 野田版 桜の森の満開の下 Blu-ray シネマ歌舞伎 野田版 桜の森の満開の下 DVD
フォーマット Blu-ray DVD

シネマ歌舞伎 野田版 桜の森の満開の下 DVD

耳男と夜長姫という役が、中村屋兄弟へ宛書したのかと思う程であった。舞台を駆け回る耳男は身体能力の高い勘九郎丈ならではであり、意図せずに大きな渦のような運命の結末へ向かっていく巻き込まれ型の性格も似合っていた。何より七之助丈の夜長姫が良かった。人なのか鬼なのか分からない謎めいた存在、虫も殺さぬ笑顔で人を殺す残酷さと二面性は女形ならではの表現であろう。坂口安吾が『桜の森の満開の下』と『夜長姫と耳男』の中で描いた残酷だがどこか可愛い、人なのか鬼なのかあやふやな女というボーダーレスな存在を演じきっていたと思う。大好きな作品だったのでDVDになって嬉しい。
坂口安吾が書いた『桜の森の満開の下』と『夜長姫と耳男』の二つの作品と『飛騨・高山の抹殺』の歴史観をまとめた演劇。七之助の夜長姫が素晴らしい。【桜の下は怖ろしい】という安吾の感覚は、東京大空襲の死者たちを上野の山に集めて焼いたとき、折りしも桜が満開で、人けのない森を風だけが吹き抜け、「逃げだしたくなるような静寂がはりつめて」いたとエッセイに記されており、それが『桜の森の満開の下』執筆の2年前に目撃した「原風景」だそうだ。安吾は桜の花びらに中央集権国家の指示に従って散った兵たちのイメージを重ねた。その中央集権国家の始まりを辿った物語の背景は、壬申の乱で大海人皇子(オオアマ=染五郎)が蘇我氏(イルカ)を後ろ盾(バック)にして、大友皇子に勝利し天武天皇となるがその後幻の飛騨王朝を滅亡させたのではないか?という設定。そうした時代の流れの中で一人の凡人が女の導きによって芸術家へと目覚めていく様が表現されている。
難しいところです。安吾のニ作品がやや消化不良らしく、原作を知らずに観ると、いや、読んでいるからこそ、かな… 芝居の祝祭性は出ているのですが、整理不足。野田さんの新作歌舞伎はどうも少々喧しく、場面によっては学芸会の様。役者陣はそれぞれにこなしており、中村屋兄弟は上吉、猿弥も然り。高麗屋の新旦那は相変わらず宝塚。なんかもう少しやりようがあったのでは?野田さんは歌舞伎座と言うと構えてしまうようですね。

LUXURY

オージーケー(Ogk) アジングショット2 56L AS2562L

最近チェックした商品
    CATAGORY
    ');