安心の定価販売 木下恵介生誕100年 木下恵介アワー DVD-BOX<5枚組> 3人家族 12014円 木下恵介生誕100年 木下恵介アワー「3人家族」DVD-BOX<5枚組> DVD TVドラマ 日本のTVドラマ 安心の定価販売 木下恵介生誕100年 木下恵介アワー DVD-BOX<5枚組> 3人家族 12014円 木下恵介生誕100年 木下恵介アワー「3人家族」DVD-BOX<5枚組> DVD TVドラマ 日本のTVドラマ 木下恵介アワー「3人家族」DVD-BOX<5枚組>,asasyoku.jp,木下恵介生誕100年,/campanology92798.html,12014円,DVD , TVドラマ , 日本のTVドラマ 木下恵介アワー「3人家族」DVD-BOX<5枚組>,asasyoku.jp,木下恵介生誕100年,/campanology92798.html,12014円,DVD , TVドラマ , 日本のTVドラマ

安心の定価販売 木下恵介生誕100年 いよいよ人気ブランド 木下恵介アワー DVD-BOX<5枚組> 3人家族

木下恵介生誕100年 木下恵介アワー「3人家族」DVD-BOX<5枚組>

12014円

木下恵介生誕100年 木下恵介アワー「3人家族」DVD-BOX<5枚組>

商品の説明

内容紹介

木下惠介生誕100年
TVドラマの一時代を築いた幻の大人気TVドラマ・木下恵介アワー初DVD化! !
脚本:山田太一 主演:竹脇無我、栗原小巻 主題歌:「二人だけ」あおい輝彦 ♪あの時は何気なく会った あの人が なぜか心に残る 淡い恋心 (主題歌「二人だけ」より)
満員電車の中で出会った二人、それは運命の神の糸だった
シリーズ歴代No.1の最高視聴率! 偶然の出会いから始まった大人の恋と、家族の交流を描いた大ヒット作


・木下惠介生誕100年プロジェクト始動! 13年に渡る人気シリーズとして、TVドラマの礎を築いたホームドラマ枠より、DVD要望化の声が高かった名作を毎月リリース。
・偶然の出会いから始まった大人の恋と、男ばかり3人家族と女ばかり3人家族の心あたたまる交流を描いたドラマ。
・山田太一が初めて一人でシリーズ全26本のオリジナル脚本を書いた作品。木下恵介監督自ら、1・2話の監督を担当した意欲作。
・竹脇無我と栗原小巻の爽やかなカップルが好印象で話題を呼んだ。
・1968年(昭和43年)10月15日~1969年(昭和44年)4月8日の火曜日(21:00~21:30)にTBS系で全26話放送


【木下恵介劇場、木下恵介アワー、木下恵介・人間の歌シリーズとは…】
・64年~77年の間、TBS系列火曜21時(74年から水曜22時)で放送された有名ホームドラマ枠(64~67年「木下恵介劇場」、67~74年「木下恵介アワー」、70~77年「木下恵介・人間の歌シリーズ」) ※「木下惠介・人間の歌シリーズ」は、毎週木曜22:00
・TBSの依頼により、日本映画の大御所・木下惠介が、映画界からTVドラマ界へ移籍したことも大きな話題となった。
・ホームドラマを中心に、そのクオリティの高さが固定ファンを呼び、13年にわたる長寿番組となった


【木下惠介生誕100年について】
日本映画最盛期、黒澤明監督と共にその人気と評価を二分し、国民に愛された巨匠。
『二十四の瞳』『カルメン故郷に帰る』『楢山節考』など数々のヒット作を生み出し、世界的評価も高い稀代のストーリーテラー木下惠介監督が2012年12月5日生誕100年を迎えます。


脚本:山田太一
監督:木下恵介、川頭義郎他
音楽:木下忠司
主題歌:「二人だけ」(作詞・作曲:木下忠司/唄:あおい輝彦、瀬間千恵)
制作:木下恵介

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

数々の名作を残した名匠・木下惠介が手掛けたTVシリーズ“木下恵介アワー”で放映されたホームドラマのBOX。偶然の出会いから始まった大人の恋と、男ばかりの3人家族と女ばかりの3人家族の温かな交流を描く。竹脇無我、栗原小巻が共演。全26話を収録。


メーカーより

木下恵介生誕100年 木下恵介アワー 「二人の世界」DVD-BOXlt;5枚組gt; 木下恵介生誕100年 木下恵介アワー「3人家族」DVD-BOXlt;5枚組gt; 木下恵介生誕100年 木下恵介アワー「おやじ太鼓」DVD-BOXlt;8枚組gt; 木下恵介生誕100年 木下恵介アワー「記念樹」DVD-BOXlt;9枚組gt;
木下恵介生誕100年 木下恵介アワー 「二人の世界」DVD-BOXlt;5枚組gt; 木下恵介生誕100年 木下恵介アワー「3人家族」DVD-BOXlt;5枚組gt; 木下恵介生誕100年 木下恵介アワー「おやじ太鼓」DVD-BOXlt;8枚組gt; 木下恵介生誕100年 木下恵介アワー「記念樹」DVD-BOXlt;9枚組gt;

木下恵介生誕100年 木下恵介アワー「3人家族」DVD-BOX<5枚組>

知らなかった、このドラマ、カラーだったのだ! 思い出の中の栗原小巻さんはモノクロでしかなかった。改めて見るリアルな画面の中の栗原小巻さん。役と同じ23歳のその息を飲む美しさ!男前と言う言葉はこの人の為にある竹脇無我さんの何と言う清々しさ!この二人を見ているだけでも価値があります。JR横須賀線で出逢う行きずりの女と男がカメラの写真をきっかけにやがて恋に発展するドラマ。恋の障害となる枷が随所に仕掛けられている山田太一さん脚本の全26話。大阪万博直前の都会の時代の色や空気感がストレートに伝わって来ます。それにしても栗原小巻さんのファッションはただ素敵の一言。青と黄色には圧倒されます。何十秒もアップに耐えられる女優さんが果たして今の世にどれだけいるでしょうか。全編に流れる矢島正明さんのナレーションの声の美しさ!甘いあおい輝彦さんの歌声!美しい日本の、映像も声も美しいドラマです。最後に、シナリオ作家を志望されている方は、これを見て、ぜひ"三人家族"を超えるドラマを創って下さい!
 放映された昭和43〜44年(1969年)の一般家庭の様子や世相が毎回、映し出されます。木枠の窓、栓付の魔法瓶、フェンダーミラー付の車などもうめったにお目にかかれません。また部屋を掃除する際に、冬でも窓を開け放している様子は懐かしさと同時にその頃の自分にタイムスリップしてしまいます。過熱化した受験戦争やOh!モーレツに代表される出世競争もドラマの背景になっています。当時、中三でしたが時々観てた記憶があり、題名もずっと覚えていました。 主役二人のラブロマンスは今のドラマでは通用しないスローテンポですが、じれったいと思いつつ、放映を待ちわび、観たら観たで直ぐに次を観たくなったんでしょうね。ビデオもなかった時代ですから、見逃したときには残念に思い、また当時一週間を待ち通しく感じた方も多かったんだろうな。それにしても主演の栗原小巻さんの美しさと言ったらない。「綺麗だ」の言葉が陳腐です。本当にこの頃の女優さんは美しい。竹脇無我さんの抑えた表情、演技も素晴らしい。 ロマンスだけでなく、沢田雅美、あおい輝彦さんら助演の方や脇役の例えば菅井きん賀原夏子さんらの掛け合い漫才的な会話のやり取りにも思わず笑いが出てしまい、高質なコメデイの要素もふんだんに織り込まれていながら、ヒトの幸福って、家族って何かをこのドラマを観ながら考えさせられます。山田太一さんの冴え渡ったストーリーの賜物だと思います。若い頃の小巻さんを観たくって買いましたが、家内共々楽しんで拝見させていただきました。丁寧に作られた、よくできたホームドラマです。
youtubeで最初のところをみたら思い出してしまい、あの最後はどのようなラストシーンだったのかが思い出せなくてm最後をみたくて買いました。自分の記憶と少し違うところはありましたが本当に素敵な作品でした。多くの人が語っているように栗原小巻さんと竹脇無我さんのこのカップルを超える二人はみたことがありません、山口百恵さんと三浦さんをはるかに凌駕する美男次女の組み合わせですね。栗原小巻さんのあの鮮やかなファッション。これは今の女優さんが来たら似合わないですね。そして竹脇さんのあの本当の二枚目とはこういう人だという感じもたまりません。矢島さんのナレーションも本当に懐かしい。こういう恋愛が本当にあれば素敵だし、自分もそういう恋愛ができるのかなと子供心に思いましたが、そういうことは現実には起こりませんでした。私の妻が妙蓮寺に住んでいたので、妙蓮寺の駅が本当に懐かしく、一度行きたくなりました。ぜひ、あの時代を経験した人は見てください、感動します。
当時、幼かった事もあって題名とあおいさんが唄われた声を憶えていました。言葉が素敵です。何となく親しみがあって、でも下品じゃない。良き時代の日本人は、さらりと美しい言葉を話しています。私自身が実は似たような経験を20歳の時にしました。まさか、同じ横須賀線でとは思ってもみなかったです。自分も学生、お相手も学生でした。お互いに多分、別々の大学だったと思います。横浜駅から東京駅経由で降車駅は、私はお茶の水、お相手は水道橋だったと思います。2回目におみかけした時に、品川駅に横須賀線が到着した時に、ラッシュ時間のホームを1車両走って私の乗車していた車両に移ってこられました。品川駅でたまたま座れた私の前に、息を上げて走ってきた青年は真っ赤な顔をして、つり革をつかんでずっと上を見ていました。私は恥ずかしのあまり、顔を上げられずに下をむいたまま東京駅まで。授業も終わり帰る時にもこの日は、帰りも同じになりましたが、お互いに下を向いたまま。私はそれからあまり経たないうちに、横浜から都内に越して横須賀線に乗らなくなりました。あの方は今頃お元気かしらと、このDVDを見てそんな事を思い出しました。リバティベルの白いダウンジャケットを着た、国広富之さん似の素敵な方でした。

東京ディズニーランド・東京ディズニーシーのお土産・グッズ・キャラクターグリーティング・レストランの紹介☆